Microsoft Office マスターになりました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MOS(Microsoft Office Specialist)の所定の4つの科目に合格すると、自動的にマスター合格となり合格証書が送られてきます。

僕の場合は、エクセル2013の上級2つとワード2013の上級2つに合格してマスターになりました。

MOSを受けた理由

学生時代から独学で得た断片的な知識で使ってきたオフィス(特にエクセル)の使い方を一度体系的に学んでみたいと思ったからです。

なぜバージョンを2013にしたか

これは単純に職場のPCに入っているのが2013だからです。

やはり実際に使うことになるバージョンを選択するのがベストです。

参考書

勉強時間

エクセル上級2つに6時間、ワード上級2つに9時間で、トータルで15時間くらい。

エクセル上級については、勉強せずに受けた模擬試験1発目で約80%と合格圏内だったので、模擬試験3回分を通してやって間違った問題を確認したのみです。

ワード上級についても、エクセル上級の時と同じようにまずは勉強せずに模擬試験を受けたら約20%と撃沈だったので、エクセルに比べてしっかり勉強しました。

どの科目にしろ参考書の模擬試験3回分を全て100%解答出来るようにしておけば合格出来ます。

ちなみに本番の点数はこんな感じ。(1000点満点)

科目 点数
エクセル上級 Part1 800
エクセル上級 Part2 925
ワード上級 Part1 1000
ワード上級 Part2 1000

合格最低点は全て700点でした。
全て1発で合格出来ましたが、ワードよりエクセルの方が自信あったのに何故かこんな結果に。

ちなみにンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式なので、合否は試験終了したその場で画面に表示されます。

かけたお金

項目 金額
受験料 42,336(10,584*4)
参考書代 9,504(2,376*4)
51,840

正直、受験料も参考書も高いです。
民間の資格だからですかね。

終わりに

パワポやアクセス、アウトルックは全く勉強してないですが、晴れてMicrosoft Office マスターになりました。

資格は実務に生かしてナンボですので、これから日々の仕事で意識していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。